cookbad vol.2

こんちくわぶ!!

またまたイカれた料理が出来ました〜イカれた料理はイカが??(ハハハッ)

みなさんにも目で召し上がっていただきたく、レシピを載させていただきたいと思います!

 

丁度お昼ご飯を作る機会があり、簡単ですぐに作れる料理を探していたところ 『焼きそば』の文字が目に入ってきて これだ と思い作ることにしました!

…これから恐ろしい未来が待っていることも知らずに……

 

焼きそばとなると、ソース焼きそばと塩焼きそばどちらにするか選ばねばなりません。

これを意訳すると黒ギャルか、色白の清純派少女 どちらがいいですか?ということです

カワイイので塩焼きそばを選びました!

 

清純派少女が実はとんでもないオンナだった…そんな経験談をよく聞きますよね……いやまあ、それがどうということでもないんですけど、ネ

 

☆材料☆12人前(←¥!~€djc:!???!??)

焼きそば麺 1000g

水  適当(多めの方が失敗しやすい)

料理酒  適当

サラダ油 適当

野菜 (どうせ失敗するので何でもよい)

豚肉 1㌧(豚だけにねっ)

 

1.  まずフライパンに油を注ぎ、温めます。

2.  温まったら、肉を入れましょう。バラバラにせずにドスンと入れると、大きな塊ができてそれが当たった人にラッキー感を与えられます。

3.  次に、麺1キロをせっせとブチ込みます

    ※ポイント! 麺の袋を開けるのに手こずりましょう。気づいたときには麺とフライパンが一心同体になってることでしょう

4.  突然水をジャバジャバとかけます。なぜか中火、弱火にすることを繰り返し、放置します

5. 野菜を入れます。今回はコストパフォーマンスを考えてもやし1キロにしました。

6. ここでもやしを大量に上からかけた図を思い浮かべて欲しいです。ラーメン二郎のような図を思い浮かべた方はそれで正解です。間違った方は、しっかりしてください。そんなんじゃ料理成功しちゃいますよ。

7.  そして、今更カットし終えた大根をブチ込みます。この時点で麺はたっぷりを水分を含み、みずみずしさをアピールしてきます。

8. このように意味不明な手順でブツを入れるのが最大のキーポイントとなってます。

9. 木べらで掻き回します。(掻き回すたびに麺の繊維が切れて他のと結合し、脳みそのような塊を作ることが出来ます)

10.  味付けです。魔法の粉を入れましょう

11. 意味もなく強火、中火、弱火を経て、完成!!!

 

完成図は  コチラ

 

ヌチョン

f:id:andusagi:20170204014458j:image

 

素晴らしい失敗具合

 

f:id:andusagi:20170204023025j:image

 見てください!木べら〜フライパン間に垂れてくる麺が一本も  ない!!!未練がない!

 

f:id:andusagi:20170204023149j:image

一緒に調理してくれた友人が より美味しくなさそうに見せるため、電気を消してくれました

 素晴らしい判断

 

f:id:andusagi:20170204023251j:image

突然の鮭フレークを添えて、食卓へGO!!!!

 

 

〜食レポ〜

付属の調味料を使っているので、味付けの失敗はしようがなく 不味くすることは出来なかった。

食感がとにかく不快。麺という概念が崩壊してるので、スプーンで食べることもできます。

しかし、食べ続けていると謎の懐かしさが生まれてきた。これは何だ…と自らに問いかけながら食べていたが、ちゃんぽんと少し似ていることが判明。

これはちゃんぽんだと言い聞かせながら食べたが、無理があったのでやはり最後の方は不快でやり遂げた。

ごちそうさまでした!!

 

また更新できるよう、精進いたします!!